開店祝いに花を贈るときのタイミング

開店祝いに花を贈ることも多いですが、ただ贈るだけでなく相手の事も考えてやった方がいいでしょう。向こうも準備に忙しいですし、せっかくの門出を邪魔するようなやり方ではよくありません。花を贈るタイミングですが、だいたい開店の1週間前くらいからがいいでしょう。また遅くても前日までには届くように手配しておきます。当日は何かと忙しいですしそれどころではありません。また開店するときに花がたくさん届いている方が見栄えもしますし相手にも喜ばれます。ただ贈ればいいというだけでなく贈られる側の事も考えて手配などするようにしましょう。また贈るものによっても違ってきますので気を付けましょう。すぐに枯れてしまうようなものはあまりふさわしくありません。長持ちするようなものを選んであげましょう。胡蝶蘭などは長持ちしますので喜ばれるようです。

開店祝いに赤い花はタブー

開店祝いに花を贈るなら色なども気を付けたほうがいいでしょう。気持ちがこもっていればなんでもいいというわけではありません。特に開店する場合はこれからの事も考え縁起の悪いものはさけなければいけません。例えば赤いものは贈るのは辞めた方が良いでしょう。赤というと見た目も鮮やかですしとても豪華な感じもしてしまいますが開店祝いの場合はあまり適していません。というのも赤は火、火事、赤字を連想させてしまうからです。色だけで考えるときれいな花も多いのですが赤は避けましょう。花の色はもちろんですが、ラッピングなどでもこの色は使わないようにすることが大切です。こちらは見栄えもするのでいいと感じるかもしれませんが受け取った相手はあまりいい気分がしませんし、今後の関係にもよくない影響がでてしまう可能性があります。ちょっとしたことですが、色には注意して贈る必要があるでしょう。

開店祝いには邪魔にならない花を贈る

開店祝いに気持ちを込めて花を贈る場合も多いのですが、贈る際はいろいろな事に気を付ける必要があるでしょう。たとえば種類なども重要です。贈るほうからしてみると見た目も華やかで豪華な方が喜ばれると考えがちです。ただそれだけで決めてしまうと相手に迷惑になる可能性もあるので気を付けましょう。香りがきついものや花粉が多く飛ぶものはあまり適していません。店舗にもよりますが、たくさんの人が来店しますからあまり香りがきつすぎるとそれが客足に影響してしまう可能性があるからです。また花粉などもそうでしょう。床に落ちたりして掃除が大変になることもあります。贈るほうは見栄えなどで選びがちですが、受け取った側の事も考えて選んだほうがいいでしょう。あとで手間がかかるようなものを贈っても迷惑になるだけです。門出を邪魔することのないようにこちらも気を使いましょう。