開店祝いの花と注意点

友人やお世話になった人をはじめとし、知り合いがお店をオープンさせるときには開店祝いを贈ることもあるのではないでしょうか。何を贈るのか悩んだ際に一番に頭に浮かぶものといえばやはり花になります。しかし、贈ればなんでも良いというわけではなくマナーがあるので注意しなくてはなりません。飲食店の場合には、あまり匂いのキツイものを贈ると迷惑となってしまいます。もちろんそれのみではなく、赤い花を贈ることもマナー違反とされています。燃えるということを連想させてしまうので、赤色は避けるようにしましょう。良かれと、喜んでもらいたくて贈った開店祝いが原因となり、相手との関係性にヒビが入ってしまったとなっては後悔しても仕切れないことになります。贈り物を送る際には事前にマナーについての下調べは行っておくようにしましょう。

開店祝いに花を贈ろう

開店祝いにはお花がいちばんふさわしい贈り物です。なんといっても、新装開店のお店に必要なのは華やかさです。胡蝶蘭の鉢植えはいつまでも楽しめますし、華やかさを演出してくれます。また、華やかな色に満ち溢れたアレンジメントも豪華なイメージで喜ばれます。開店祝いは、初日の忙しい時に届けられますので、花束だとそれに似合う器を用意しなければなりませんので、避けた方が無難かもしれません。予算の範囲でパッケージやリボンで華やかな演出をお願いするのも良いでしょう。開店するお店にふさわしいものを選ばなければいけません。最近ではプロにお任せする方法もありますので、好きな趣味を聞いて前準備をすませて美しいものを贈りましょう。胡蝶蘭の花ことばは、幸福が飛んでくるといいます。やはり、お祝いにふさわしいといえるでしょう。メッセージカードをそえて贈りましょう。

開店祝いで花を贈るなら

新しくお店を開くときは開店祝いなどで花を贈ることも多いでしょう。これからの門出を一緒に祝い、こちらも応援してあげるという気持ちで贈る場合も多いのではないでしょうか。開店祝いはその時でしかできない貴重なタイミングですし、そこで一緒に祝えるというのはとてもうれしいことかもしれません。だいたい費用でいうと2万円前後で贈る場合が多いようです。ただ知り合いなどの場合はそこまでする必要もなく、1万円もあれば十分なのではないでしょうか。花の種類にもよりますが、胡蝶蘭などを贈ることもよく見られます。お祝い事の場合は縁起をかつぎますので、4や9などの数字がからむのを嫌がります。本数などにも気を付けましょう。ちょっとしたことですが、相手にとってはすべてのスタートをするときです。こちらも相手の気持ちになって贈ってあげるのが大事でしょう。